使命感をもつということ

| コメント(0) | トラックバック(0)

わたしは、これまでクライアント企業との取り組みのなかで

人が力を発揮するためには

 

「自分たちは何のためにこの仕事をしているのか」

 

を明確にするということが、いかに大切かを実感してきましたが、

このたびの大地震による被災地で、過酷な救援活動に従事する

方々の姿を見て、使命感をもった人たちが発揮する力のすごさを、

よりいっそう確信することとなりました。

 

今日は、使命感をもつことの重要性について感じたことを

書いてみたいと思います。

 

ニュースでは、被災地で救助と復興支援のために作業をする

たくさんの人たちの姿が報道されています。

その無私でひたむきな姿にはそのたびに心打たれます。

 

なかでも、福島原発で起きた重大な事故に際して、命がけの作業で

おそらく戦後日本の最大の危機を救ってくれた東京消防庁や自衛隊、

現場の東電関係者の方々の話には、多くの人が深い感動と尊敬の念を

覚えたことと思います。

 

なぜ、彼らはあれほどの自己犠牲をはらって、危険な作業に

挑むことができたのか?

 

仕事だから?

お金のため?

どこぞの大臣に「やらないとクビにする」と言われたから?

 

お金を積まれたり、だれかに恫喝されたからといってできるような

ことでないことは、自分に置き換えて想像すれば誰だってわかりますよね。

 

わたしは、極限状態での作業を可能にしたのはただひとつ、

 

「家族を守る 地元の人たちを守る 国を守る」

 

という強い使命感だったのではないかと思っています。

 

過酷な任務を遂行したハイパーレスキュー隊の方々の記者会見を

見たとき、とても自分にできるようなことではないと

大きな尊敬の念を抱きながらも、ある種のうらやましさを

感じました。

 

ではなぜ、彼らをうらやましいと感じたのか?

少し考えてみたいと思います。


つづく


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sales-pro1.com/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする

リンク

このブログ記事について

このページは、庄司 充が2011年5月11日 09:49に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「使命感をもつということ その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04