もしも、あなたがハイパーレスキュー隊の隊長だったら?

| コメント(0) | トラックバック(0)

わたしは「営業チームづくりのコンサルタント」という仕事がら、

多くの経営者やチームリーダーから「メンバーが思ってように

動いてくれない」という悩みを聞きます。

 

そんな人たちにとって、鉄壁のチームワークで福島原発の

注水作業を成功させたハイパーレスキュー隊の姿はどのように

映ったのでしょうか?

 

前回、使命感をもつことで生まれる驚異的な力について

書きましたが、今日はかれらの鉄壁のチームワークが

なぜ生まれるのかについて考えてみたいと思います。

 

先日、作業にあたった隊員の方々の話をテレビで見ていて

「なるほど!」と思うことがいくつかあったので紹介します。

 

エピソードその1 引きずってでも全員で帰る

 

彼らは決して命知らずの無頼漢ではありません。

任務を聞かされた時には「体が震えた」と言い、現場に向かう

バスの中では極度の緊張感から誰もが終始無言だったと言っています。

きびしい訓練で鍛えぬかれているとはいえ、私たちと同じように

死ぬことに恐怖を覚えるごく普通の感覚をもった人たちなのです。

 

そんな彼らを奮い立たせていたものは、

「死ぬ気でいけ!」とか「命をかけろ!」といった上官からの

鼓舞ではなく「何があっても全員で帰る」という言葉でした。

 

「自分の命を守り通せ!」

 

これがレスキュー隊の鉄の掟なのだそうです。

 

人命救助を最優先とするレスキュー隊だからこそまず自分の命を守る、

これこそが危険な任務に挑む彼らの基本姿勢なのです。

 

自分たちの命は大切にされている

組織に、上司に、仲間に大切にされている

 

この信頼感が、ぎりぎりの状況のなかで命がけの作業を

するためには絶対に欠かせない要因なのです。

 

その言葉が口先だけでないことは、任務を終えたあとの

記者会見で、隊員の家族に申し訳ないと言って絶句した

総括隊長の姿を見ればわかりますね。

 

☆鉄壁のチームワークが生まれる理由①

 

自分は大切にされている」と感じられることで、

はじめてメンバーは最大限の力を発揮することができる。


つづく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sales-pro1.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする

リンク

このブログ記事について

このページは、庄司 充が2011年5月18日 22:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「使命感をもつということ その2」です。

次のブログ記事は「もしも、あなたがハイパーレスキュー隊の隊長だったら?その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04