もしも、あなたがハイパーレスキュー隊の隊長だったら?その3

| コメント(0) | トラックバック(0)

エピソードその3 自分たちは英雄ではない

 

最後に彼らは言いました。


「自分たちは英雄ではありません。やるべき職務を

まっとうしただけです。」

 

おそらくこれはただの謙遜ではなく、本心から出た言葉でしょう。

彼らがそう言えるのは、日々の作業にこの上ない充実感を

感じているからだとわたしは思います。

 

使命感をもった仕事を、信頼できる上司や仲間たちと、

明確な役割分担をもって遂行する。

この当たり前のようでいて、なかなかできていないことを

彼らはやっている。


人を助ける、人に喜んでもらうという行為は、同時にそれを

与える人にも誇りと充実感をもたらします。

まして、たくさんの人の命に関わることならなおさらでしょう。


さらにそれを分かち合える仲間がいるということには、

この上もない幸福感を感じられることと思います。

その誇りと充実感によって、彼らの人生は十分に幸せであり

光り輝いているのです。

地位や名誉やお金以上の幸せをすでに手にしているのです。

英雄の称号に興味がないのはあたりまえかもしれませんね。

 

☆鉄壁のチームワークが生まれる理由③


仕事に対する誇りと充実感が最高のチームワークと

パフォーマンスを生む

 

いかがでしょう?

ハイパーレスキュー隊のような、他人のために自分の命を

危険にさらす究極の仕事においては、チームがチームとして

機能するための絶対的な条件が必要になります。

そこからはたくさんの学ぶべきことがあります。

 

もしもあなたがリーダーで、チームがうまくいかずに

悩んでいるのなら、ハイパーレスキュー隊の隊長に

なったことを想像してみてください。

 

今まで気づかなかった自分のやるべきことが見えてくるかも

しれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sales-pro1.com/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

リンク

このブログ記事について

このページは、庄司 充が2011年5月23日 11:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もしも、あなたがハイパーレスキュー隊の隊長だったら?その2」です。

次のブログ記事は「「社長はビジョンを熱く語れ」第1話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04